過払い金の相談をする|対応してくれるところを探す

女性

身近な法律問題

相談

身近な法律問題である離婚問題について、様々な事情から相談できずにいる人達がお金をかけずに弁護士などプロに相談するにはどのようにしたら良いのか、また、無料での相談にはどのような特徴があるのかを紹介しました。

もっと読む

相続税は専門性が高い

笑顔の女性

相続税というのは、計算方法が複雑なだけでなく、財産評価や申告方法なども複雑さも兼ね備えています。そのため、相続税申告を個人で全て行うよりも税理士に任せた方が、相続税申告にかかる費用やトラブルなどを軽減できる他、場合によっては相続税が減額になるなど、様々なメリットを受けることが可能になります。

もっと読む

事務所の選び方

紙幣

平成24年4月に、熊本市は政令指定都市となり、人口が増加傾向にあります。熊本地震の影響もあり、借金を返済できなくなったという方もいらっしゃることと思います。債務整理手続を行うと負担の軽減できる可能性があります。しかし、せっかくですから、お持ちの借金について、いま一度確認しておきましょう。返済しすぎているケースも十分に考えられるからです。利息制限法の見直しで、利息の上限が20%となりました。これを超える金利が設定されている場合は、まず返済し過ぎていると言えます。また、返済金を利息に全て充てる消費者金融も法律違反です。これらは、過払い金として取り戻せる可能性があります。弁護士や司法書士に依頼し、消費者金融から過払い金を取り戻しましょう。

政令指定都市になり、人口増加、経済発展が進む熊本ですから、自然と弁護士事務所や司法書士事務所が集まってきます。近年では、大手法律事務所が熊本に支社を構えたりもしています。さて、過払い金問題を解決するためには、弁護士に依頼するか、司法書士に依頼するかの2つが考えられます。弁護士に依頼するメリットは、訴訟問題に発展した時に強いメリットが挙げられる反面、支払う料金がやや割高になってしまいます。一方司法書士の場合は、料金は安いのですが訴訟問題になるとできることが限られてくることがあります。140万円を超える金額の訴訟や和解は、弁護士にしかできないということを念頭に入れておきましょう。なお、無料で過払い金の計算を行う良心的な事務所もありますから、この結果で、弁護士に依頼するか、司法書士に依頼するか判断しても良いでしょう。なお、選ぶ判断基準は、返還実績が豊富であるかどうか、料金設定が依頼者が損をしない成果報酬タイプにしているかどうかで判断するとよいでしょう。過払い金の20%程度を、報酬として受け取る事務所が多いようです。

配偶者とのトラブル

説明

離婚を考えているのであれば、弁護士に早めに相談してみましょう。適切なアドバイスをもらえますので、まずは仙台で活動している弁護士をインターネットで検索してください。複数の弁護士とコミュニケーションを取り、自分との相性を計ってください。

もっと読む